お金の貸し借りというのはなかなか難しいことになる

お金を貸し借りするというのは口約束でも利息を取ることは不可能ではないのですがものすごくもめることになりますからちゃんとを書面で取引をするということにした方が良いでしょう。契約である、ということを意識しておくことによって安心できます。お金を貸すためには何か資格が必要なのではないかと思うかもしれませんが実際にはそんなことは一切なく、人に貸すことはできます。但し、これは業として継続的に不特定多数の人にやらない、ということが大前提になります。要するに商売として行っているわけではないのであればお金を貸すという行為自体は経済活動の自由になりますので好きなようにやってよいのですがそれでも利息制限法には引っかかることになりますので注意しておきましょう。お金を貸すことはある意味では投資のようなものになってしまうということになりますが、本当に個人間のちょっとした貸し借りであればそこまで問題になる事ではありませんし、利益になる、というほどのことでもありませんから心配することはないです。脱毛ラボ vio