心構えを伝えてやることも、できないのです

サービスはお金で買えるが人の親切は買えないというお話で、この運転免許の更新会場までの道のりをいつも思い出すのです。
つまり、自分のような田舎者が大都市で生活していくとなると、とてつもないはじめてのことが多く、都会の若者よりも、苦労は相当なものだということです。まず、場所を知らない、車で送ってもらえない。電車の路線、乗り換えもわからないから始まり、それを親に聞きたくても、親自体が知らないというのです。自分もそこはわかっていて、親に行くこともないのですが、例えば、この免許の更新も、親が免許を更新するのは、近くの警察署だったりして、大きな免許センターに行くというのもわからないし、免許センターに行ったのは、免許の受験の時だけなのです。すると、この街道の賑わいがあるのも全く予想することもないのです。
ただ、このあまりにもの賑わいに、入らなくても自分でできるという心ががまえを伝てやることすらできないのです。都度払い