裏声を出していたら、従来の低音が出なくなった。

カラオケとか鼻歌で下手に裏声を多用してたら、今まで低い声が出たのにそれが出しにくくなってしまいました。要するに音域はある程度決まっていて訓練したらある程度はその範囲を広くは出来たり、高い音は出るのであるが従来持っていた声も失ってしまうのかもしれませんね。
フランク永井などの重低音ぐらい出せた(というより地声はもっと低いかも)のですが、この人の歌を歌うのがしんどくなってしまいました。
そういえば、合唱部でバスを担当していた時には声が以前より低くなってしまったことがあったからやっぱりそうなのかもしれない。もちろん歌手じゃないんで、別段だからどうしたといわれればそれまでなんですがね。
もっとも、好きな歌手ほどは声は高くないので、結局歌うときは実際の声の高さより低く出てしまう。本当は、歌っている歌手の音程に合わせられば気持ちいいような気がしますが、苦しい部分は急に裏声にならざる終えないのです。多分裏声は聴くに堪えないんだろうけど…お金 急ぎ