プロ野球の巨人が上昇気流に乗ってきたようです

プロ野球の巨人軍は戦力が整ってきて,次第に調子が上がってきました。
今までこれほどの戦力がありながら下位に低迷していたのが不思議なわけですから,本来ならば広島と首位争いをしているはずと思われるほどセリーグでは戦力がずば抜けています。
菅野・マイコラス・田口選手の3本柱とセットアッパーのマジソン選手は12球団イチともいえますし,FAで獲得した山口選手がプライベートの事件で離脱したとはいえ層の厚い投手陣となっています。
攻撃陣も課題であったセカンドにマギー選手をを起用する事で村田選手をレギュラーで起用出来るようになって,切れ目のない打線となりました。
合わせてFAで獲得した揚選手が調子を上げてきて,一番から七番までホームランを期待できる打者揃いになった事が大きいです。
やはり機動力に欠ける巨人はホームランの脅威で相手チームに対して試合を優位に進められる球団です。
今後の巨人はAクラス浮上を目指してチームの結束も高まっていくでしょう。
この巨人戦力に対して他チームがどう対峙していくか楽しみです。